女性が甲状腺の病気を予防する2つの方法

CHOICES

  • うつ病?…実は「甲状腺機能低下症」だった

    よく見られる症状 最近、いくら寝ても疲れやダルさが取れず、元気…

    » 続きはコチラ

  • 多くの病気の初期症状は甲状腺から

    危険な病気 甲状腺という場所をご存知ですか?甲状腺とは喉の下あ…

    » 続きはコチラ

  • 女性が甲状腺の病気を予防する2つの方法

    予防方法 甲状腺炎やバセドウ病など甲状腺の病気がいくつかありま…

    » 続きはコチラ

予防方法

甲状腺炎やバセドウ病など甲状腺の病気がいくつかありますが、男性より女性の方がかかりやすいと言われています。甲状腺が正常の状態の時は、外部からウイルスや細菌が体内に浸入した時に抗体を作って対応してくれます。しかし免疫力が低下すると、抗体を作る機能が働かなくなって甲状腺に悪影響を与えてしまいます。特に女性はホルモンバランスが乱れて免疫力が低下しやすいので、甲状腺の病気にかかる事も多いです。そこで女性が日常生活の中で甲状腺の病気を予防していく方法を挙げていく事にしましょう。
規則正しい時間に睡眠を取りましょう。ライフスタイルが多様化してきているので夜更かしをする女性も増えてきていますが、成長ホルモンの分泌量が減ってしまうので免疫力が低下してしまいます。それで甲状腺の病気にもかかりやすい状態になってしまうので、規則正しい時間に睡眠を取って成長ホルモンの分泌量を増やしながら免疫力を向上させていくと、甲状腺の病気を予防する事が出来ます。
ストレスを溜めないようにしましょう。人間関係などでストレスを溜めてしまうと体内で活性酸素が発生してしまいます。それで体に悪影響を与えるので免疫力も低下してきてしまいます。ストレスにより甲状腺の病気にかかってしまう事もあるので、日常生活の中で定期的に気分転換をするようにしてストレスを溜めないようにしましょう。

男性よりも女性に多い

男性よりも女性に多い病気の一つとして甲状腺の症状があります。甲状腺とはのど仏のすぐ下にあるチョウチョの形をした臓器で成長を促すホルモンを分泌したりしています。
甲状腺の症状は、腫瘍が出来るものとそうでないものに分けられます。腫瘍が出来ないものの病状の一つにバセドウ病があります。バセドウ病にかかると疲れやすくなり、目玉が出っぱって飛び出すような感じの外見になるなどがあります。また甲状腺に症状のある人は、自律神経に支障をきたして疲れやすくなったり、汗をかいているのに寒さを感じるなど体温の感覚が狂ってくるなどがあります。
腫瘍には良性と悪性があります。悪性とはすなわちガンのことであります。甲状腺のガンは5つに大別できます。乳頭ガン、濾胞(ろほう)ガン、未分化癌(みぶんかがん)、髄様(ずいよう)ガン、悪性リンパ腫です。甲状腺のガンになると喉に痛みが生じたりかすれたり、首や喉が腫れたり、首にしこりが出るなどがあります。ガンになるともう助からないと思う方がいるかもしれませんが、甲状腺ガンに関していえば手術をすれば術後10年間の生存率は8割りとも言われています。悪性腫瘍の治療法として、手術によって腫瘍を切り取ったり、放射能で破壊をする方法があります。

Copyright(C)2017 自覚が無いからこそ怖い甲状腺の病気はセルフチェックが大事 All Rights Reserved.