良いアパート管理会社を選ぶ際の重要なポイント教えます

アパート管理会社

ひとえにアパート経営といっても、入居者募集や家賃管理、建物管理といった色々な業務が必要になります。そのすべてを一人でこなすのは難しく、大変なことだと思います。そこでアパート管理会社にお願いしようと考える方もみえるでしょう。しかしアパート管理会社はいくつもあるのでどこにしようか迷われる方も少なくないのではないでしょうか。管理会社によって業務範囲などが違うため、しっかり見極めることが大切です。最初のポイントとしては、会社や営業所を訪問し、雰囲気を見てみるのがよいでしょう。その雰囲気から経営の様子を読み取ることができるはずです。次に、担当者が信頼できるかどうかも重要なポイントです。担当者と話をしてみて、良い管理をしてくれるか信頼できる人であるか自分の目で確かめましょう。

アパート管理会社に委託するメリット

自分一人でこなすのとは違い、アパート管理会社に委託することでもちろん費用は発生します。しかしそれを上回るメリットがあるのです。まず、賃金の集金を自身で行わなくてもよいという点です。管理会社に委託をしていないと、賃料がきちんと振り込まれているかの確認を自身でしなくてはなりません。所有している物件が多いほど大変です。またなにかトラブルがあった際には入居者に連絡をいれなくてはなりません。そういった手間を省くことが出来ます。その他にも、近隣住民の面倒なトラブルの解決の委託、契約更新の確認やそれに伴う作業、入居者が退去する際に次の入居者のために修繕やクリーニングも任せられるなど、精神的にも体力的にも負担を軽減することができます。ご自身の負担を減らし収益も得られるように、良い管理会社を見つけてください。

アパート管理会社を変えるという選択

すでにアパート管理会社委託している方は、現状はどうでしょうか。大手の管理会社に委託しているからといって安心していませんか。不満に思っている点はないでしょうか。例えば、長い間空室が続いているけれどそれに対して管理会社から一切連絡がなく、こちらから問い合わせると、空室があるかも把握していなかった、入居者のトラブルがあった時に全く対応してくれなかったなどおかしいと思った時点で管理会社を変えるという選択をしてもよいかもしれません。管理会社を変えることで、入居者の手間になるということは確かですし、オーナーさんも管理に関する引き継ぎを行わなければならず大変でしょう。しかし、自身の運営も改善するとともに、入居者への通知や挨拶、管理の引き継ぎをしっかり行うことで、切り替え後も問題なく快適に住んで頂く環境を整えることができればよいと思います。