アパート管理会社を選ぶにはコツがあります

アパート管理会社

“アパート管理会社が行う業務は仲介業務と管理業務の2つに大きく分けられます。大家さんは、家賃がそのまま不労所得となるなんて羨ましいと思われがちですが、実際には大家さんがやるべき仕事というのは、非常に多いものなのです。入居者募集、入退去時の手続き、入居者へのルール説明、毎月の家賃の集金、家賃滞納者への督促、更新の意思確認と再契約、退去時の現況確認と修繕、修繕費用の折衝交渉、トラブルや契約違反者への対応、設備の点検など、多岐にわたります。これらが苦にならないようであれば、アパートの自主管理も可能かもしれませんが、一般的にはアパート管理会社に委託するケースが多くなっています。アパート管理会社への管理委託には当然ながら管理費用が発生します。優良なアパート管理会社と付き合っていくことがとても重要になってきます。

仲介業務が得意な管理会社をさがす

仲介業務の要は、迅速にかつ優良な入居者を見つけることにあります。いわゆる老舗の方が長年の実績や信頼があると思われがちですが、不動産業に限っては単純に老舗が良いことになりません。売買、賃貸のお客さまのほとんどはリピーターではなく一見さんです。最近はインターネットの不動産サイトで物件を検索する方が非常に多く、掲載している物件数や紹介ページの写真の数や見栄え、知名度などが重視される傾向があります。実際に、インターネットで検索すればいくつもの物件情報やアパート管理会社のウェブサイトを見つけることができます。ただし、ウェブサイトを閲覧するだけでは具体的な手数料や別途費用もはっきりしない場合もあります。また、実際に足を運んで会社・営業所の雰囲気や担当者の人柄や営業力などをチェックしましょう。

アパート管理会社はビジネスパートナー

今、価値の落ちない資産としてマンション・アパートが注目されています。資産価値を決めるポイントに、アパートの管理業務も含まれます。つまり、管理が行き届いているかどうかで、アパートの資産価値は大きく変化するのです。管理が行き届いている状態とは、設備とルールの2つの側面が管理されていることを示します。設備の管理とは、ゴミ置場や駐輪場が整理整頓されているか、外壁や廊下が汚れていないか、消防設備など各設備の点検が定期的に行われているかといったことが挙げられます。ペット飼育に関する規定、リフォームのためのルール、修繕積立金など、さまざまなルールを運営していくこともアパート管理の重要なポイントです。アパート経営において、管理会社は大事なビジネスパートナーになる存在です。アパート管理会社に何をしてほしいのかをきちんと整理して、複数の管理会社を実際に訪ねてプランを比較してみましょう。”